子育て日記

壁のチョーク汚れ(落書き)を消したい!5つの落とし方を試してみた!

チョーク汚れ(落書き)を消す前後の壁の様子を比較した写真です。
Welcome to My Blog!

早大卒ママ・ぽちのブログ
「ママぽちっ!」へようこそ!

壁にセリアの黒板シートを貼り、
子供がチョークで落書きできるスペースを設けている我が家。

セリアの黒板シートに、チョークで落書きをする子供の写真です。
セリアの黒板シートを壁紙に!チョークで落書きできて子供が喜ぶ!

続きを見る

壁が汚れないように様々な「はみ出し防止策」を講じた結果(上記記事参照)、
上の子は綺麗に使用してくれたのですが…

壁についたチョーク汚れ(落書き)の写真です。

下の子の落書きが、白い壁(細かい凸凹がある、一般的なクロスです。)にガッツリはみ出してしまいました(泣)

ぽち
よりによって赤いチョークで、すごく目立つ…泣

本記事では、壁(クロス)についたチョーク汚れ(落書き)を何とか消したい!と思った私が試した「チョーク汚れの5つの落とし方」をご紹介します。

結果的に汚れがどのくらい落ちたのかという点も、写真付きでご紹介しますので、
私同様、壁のチョーク汚れに悩んでいる方の参考になれば幸いです。

白い壁のチョーク汚れ(落書き)を消したい!

結論から言いますと、
白い壁(クロス)についたチョーク汚れを落とすのは大変困難でした。

私は専門家ではないので、
詳しいことは分からないのですが、

  • チョークの正体は細かい粉
  • 粉は水に溶けないので、水拭きなどでは取れにくい

などの理由で、
壁のチョーク汚れを消すことは難しいんだそうです。

しかも、壁が凸凹しているため、
そこにチョークの粉が入り込んでしまうとのこと。

実際私も、落書きされた部分を手ではたいて見たり、軽く水拭きしてみたりしましたが、汚れは落ちませんでした。

しかし、これからご紹介する「チョーク汚れの5つの落とし方」を試し、更には「1つの奥の手」を使ってみたところ…
以下の写真のような結果に!

チョーク汚れ(落書き)を消す前後の壁の様子を比較した写真です。

  • 左(Before)
    →「5つの落とし方」を試す前の写真
  • 右(After)
    →「5つの落とし方」+「1つの奥の手」を使った後の写真

なのですが…
完全とまではいかないまでも、奮闘の甲斐あって、チョーク汚れが中々綺麗に消えたと思いませんか!?

ぽち
一体どうやって消したのか。具体的な方法はこの後ご紹介しますね!

チョーク汚れVS私!5つの落とし方を試してみた!

『壁のチョーク汚れ(落書き)を何とか消したい…!』

そう思った私が試した、
「チョーク汚れの5つの落とし方」。

  • 何を使ったか
  • 結果、どのくらい汚れが落ちたか

などを、写真付きで解説します!

落とし方1:歯磨き粉

歯磨き粉(クリアクリーン)の写真です。

1つ目に試した落とし方は、歯磨き粉。

歯磨き粉は、
たまたま家にあった「クリアクリーン」を使いました。

歯ブラシにつけて、汚れを広げないよう、汚れの上だけをピンポイントでこすっていき、タオルでしっかり拭き取ります。

壁のチョーク汚れ(落書き)を歯磨き粉で落とす前と後の比較写真です。

結果は上記の写真のとおり。

多少薄くはなりましたが、あまり変わらなかったかな…?という印象です。

落とし方2:ウタマロリキッド

ウタマロリキッドの写真です。

2つ目に試した落とし方は、ウタマロリキッド。

ウタマロ石鹸と言えば、
頑固な汚れがよく落ちると定評があり、古くから愛されている商品。

ウタマロリキッドは、そんなウタマロ石鹸の液体バージョンで、衣類についたしつこい汚れを落とすのに最適な洗剤です。

歯磨き粉のときと同様、
歯ブラシにつけて、ゴシゴシこすり、タオルで拭き取ります。

壁のチョーク汚れ(落書き)をウタマロリキッドで落とす前と後の比較写真です。

結果は上記写真のとおり。

歯磨き粉のときと違って、
明らかにチョーク汚れが薄くなりました!

ぽち
すごい!さすがウタマロ!

落とし方3:消しゴム

3つ目に試した落とし方は、消しゴム。

チョーク汚れは、壁の凸凹に入り込んでいる…
ならば、汚れを絡めとるように消しゴムでこすれば少しは消える?と思ったんです。

しかし、結果はイマイチ。

が削れないように、弱い力でこすったこともあってか、状況はあまり変わりませんでした。

壁が多少傷むことを覚悟で、強めにこすれば汚れが落ちるのかもしれませんが…
私はそこまでの覚悟ができず。

ぽち
結果が出なかったため、写真も撮りませんでした。

落とし方4:重曹

重曹の写真です。

4つ目に試した落とし方は、重曹。

重曹は、家のあらゆるところの掃除・脱臭・汚れ落としなどに役立つアイテム。

そんな重曹なら、きっと壁の落書きも消してくれる!と期待を込めつつ、
重曹の粉を水に溶いて歯ブラシにつけ、チョーク汚れの上をこすっていきます。

壁のチョーク汚れ(落書き)を重曹で落とす前と後の比較写真です。

結果は上記写真のとおり。

重曹も、チョーク汚れをかなり薄くしてくれたように思います!

落とし方5:クリームクレンザー

クリームクレンザーの写真です。

そして、5つ目に試した落とし方は、クリームクレンザー。

キッチン周りの掃除に愛用中の、
「ジフ」を使ってみました!

これまでどおり、歯ブラシにつけ、
壁の落書きをこすってみます。

壁のチョーク汚れ(落書き)をクリームクレンザーで落とす前と後の比較写真です。

結果は上記写真のとおり。

うーん…ウタマロリキッドや重曹と比べると、効果はいまひとつかな?と思いますが、
多少は汚れが薄くなったと感じました。

しぶといチョーク汚れ…ついに奥の手を使う!

壁のチョーク汚れ(落書き)を消すべく、
「チョーク汚れの5つの落とし方」を試してみた私。

これまで掲載してきた写真のとおり、
初めと比べるとかなり汚れが落ちたのは明らかですが、完全に消すことはかないませんでした。

ぽち
壁のチョーク汚れ、しぶとい…。

ここで私の頭に、
ある奥の手が浮かびます。

『汚れ自体はかなり薄くなったし、いっそのこと、この上から白いチョークを塗っちゃえば、更に汚れが目立たなくなるのでは…?』

というものです(笑)

失敗したらどうしよう…
という気持ちもあったのですが、思い切ってチャレンジしてみることに!

壁のチョーク汚れ(落書き)を白いチョークで消している写真です。

薄くなった赤いチョーク汚れを、
白いチョークで優しくなぞっていきます。

余計に汚してしまうことが無いように、
そーっとそーっと、慎重に白いチョークを動かし続けた結果…

壁のチョーク汚れ(落書き)を消した後の写真です。

上記写真をご覧ください!

壁のチョーク汚れ、かなり消えたと思いませんか!?

チョーク汚れ(落書き)を消す前後の壁の様子を比較した写真です。こちらの写真のように遠目から見ると、どこに落書きがあったか分からないくらいのレベル!

ぽち
チョーク汚れをチョークで消すなんてどうなの?と思っていましたが、試してみて良かったです(笑)

壁のチョーク汚れが消えなかった場合

「チョーク汚れの5つの落とし方」の他、
白いチョークで塗るという「奥の手」を使って、壁(クロス)の落書きを目立たなくすることに成功した私。

しかし、これまで述べてきたとおり、
壁についたチョーク汚れはかなりしぶといです。

よって、いっそのこと、
チョーク汚れを「消す」のではなく「隠してしまう」というのも、1つの選択肢と言えるのではないでしょうか。

チョーク汚れを隠すのにおすすめなアイテムは「リメイクシート」。

壁に貼るだけでリフォームやお部屋のイメージチェンジが簡単にできるとあって、大変人気のあるアイテムです。

このリメイクシートを、チョーク汚れの上から貼ってしまえば…あっという間に汚れの隠蔽が完了(笑)

おしゃれなデザインのものが多数販売されていますので、お好みに応じて選んでみてはいかがでしょうか。

ぽち
私も、次に壁がチョークで汚れたら、リメイクシートを活用する予定です!
おうちのイメチェンもできますしね!

まとめ

本記事の内容をまとめます。

壁(クロス)についたチョーク汚れ(落書き)を消すため、私が試した「チョーク汚れの落とし方」は、

  • 歯磨き粉
  • ウタマロリキッド
  • 消しゴム
  • 重曹
  • クリームクレンザー

の5つです。

このうち、消しゴム以外の4つは、
歯ブラシにつけ、壁の落書きをこすり、タオルで拭き取るという方法で活用しました。

チョーク汚れを広げないよう、
落書きの上だけをこするというのがポイントです。

いずれの方法も、完全に落書きを消すには至りませんでしたが、
効果があったと強く感じたのは、ウタマロリキッドと重曹。

壁のチョーク汚れ(落書き)を落とした際の写真です。

特にウタマロリキッドに関しては、
上記写真のとおり、歯ブラシでこすってタオルで拭き取った際に、チョークの赤い色素がタオルについたことからも、汚れを消す効果が高かったと感じました。

ウタマロリキッドは、
子供が汚してしまった服を洗濯する際にも使えるので、1本持っておくと便利ですよ!

そしてそして!

「チョーク汚れの5つの落とし方」を試したおかげで薄くなったチョーク汚れの上から、白いチョークを重ねたところ…
汚れがほとんど見えなくなりました!

こちらはかなりの奥の手になりますが、
壁のチョーク汚れでお困りの方には、是非是非試してみていただきたいなと思います!

壁のチョーク汚れ(落書き)VS私】の奮闘記は、以上で終了です(笑)

ぽち
最後までお読み下さり、
ありがとうございました!

-子育て日記

© 2021 ママぽちっ!